Pay To Own にする方法をおしえてください

安藤 圭吾 -

状況 / 問題

  • Pay To Own の支払いプランに興味があります

原因

Pay To Own は、2016 年 6 月 28 日付けで始まった新しいオプションです。

解決方法

新しい Unity Pro を最低 24 ヶ月間連続でサブスクリプションした後に、サブスクリプション契約を停止し Pay To Own をご希望の旨を Unity にご連絡いただくと、その時使用しているバージョンを永続ライセンスとして保持することがます。

その時点で Unity Pro に付帯するサービス、それ以降の新しい機能、アップグレードを受け取る権利は終了します。パッチリリースについては次の 3 パッチを受け取れます。また、Unity は深刻なバグが発生した時に、さらに追加でパッチを配布する権利を持ちます。

もし後にサブスクリプション契約を復帰した場合、以前取得した永続ライセンスを保持し続けますが、加えてアップデートや修正パッチ、付帯サービスを再び得る事が出来るようになります。その時点からさらに 24 ヶ月間以上の連続契約期間を経て再度サブスクリプション契約を停止すると、その時点で使用しているバージョンの Unity を新しく永続ライセンスとして取得できます。

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

ログインしてコメントを残してください。
Powered by Zendesk