WWW がキャッシュされるのを防ぐ

高橋 啓治郎 -

Unity iOS/Android の WWW クラスの実装は、それぞれの OS において標準の HTTP ネットワーキング API を使用しています。具体的には、iOS の場合は NSURLConnection を、Android の場合は HttpRequest を使います。

これらの API はローカル側にキャッシュを蓄積することがあるようです。この挙動は OS のバージョンや端末の設定によって変化する可能性があり、個体によってキャッシュされたり、されなかったり、というような不安定な挙動を見せます。

これを回避する方法としては、URL にランダムなクエリを付加するか、あるいはサーバーが返すレスポンスの中で明確なキャッシュコントロールを行う("Cache-Control: no-cache" や "Cache-Control: max-age=0" を付加する)か、いずれかの方法が推奨されます。

参考資料 - Preventing NSURLConnection Cache Issues

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

ログインしてコメントを残してください。
Powered by Zendesk