Launch Screen (iPhone-only) の設定について

高橋 啓治郎 -

Unity 4.6 および Unity 5.0 以降では、iOS のスプラッシュ画像の設定のなかに ”Launch Screen” という項目が追加されています。

これは iOS 8 で追加された新しい起動画面(スプラッシュ画面)の仕組みに対応したオプションです。この新しい仕組みでは、XIB ファイルないしは Storyboard ファイルを起動画面として使うことができます。この仕組みの詳細については、次の記事を参照してください。

iOS Human Interface Guidelines: Launch Images

使用するメリット

iOS では新しいフォームファクタのデバイスが登場するたびに、スプラッシュ画像のバリエーションが増やされてきました。今では全機種をカバーするために9個の画像のバリエーションを用意する必要があります。とても面倒です。

しかも、ひとつひとつが解像度の高い画像であるため、アプリサイズを増加させる可能性があります。圧縮効率の悪い複雑な絵柄を使用すると、スプラッシュ画面のためだけにアプリのダウンロードサイズを 20MB 以上増加させてしまうケースもあります。

新しい起動画面の仕組みを使えば、この状況を改善できます。今までのように解像度ごとに静的な画像を用意するのではなく、たったひとつのリソースを用意しておけば、それですべての解像度の起動画面をカバーできます。

使用上の問題

新しい起動画面の仕組みはとても便利なのですが、残念なことに iOS 8 以降でしか使うことができません。実際の運用に際しては、過去の iOS のバージョンをサポートするために、静的なスプラッシュ画像も併せて用意しておく必要があります。

実際には次のような使い方になるでしょう。

  • 従来どおり、解像度ごとの静的なスプラッシュ画像も用意する。ただし、容量が膨らみやすいため、画像はなるべく簡素なものにしておく。
  • 画面の大きさ・レイアウトに依存しないスプラッシュ画像を新たに用意し、Launch Screen として設定しておく。iOS 8 以降ではこちらが使用される。

Launch Screen Type

新しい起動画面の仕組みを使うためのオプションとして、次のような選択肢が用意されています。

Default, None

新しい起動画面の仕組みを使用せず、従来の静的なスプラッシュ画像のみを使用します。

ImageAndBackgroundRelative

画像と背景色の組み合わせから起動画面を構築します。画像の大きさを画面の短辺の長さからのパーセンテージで指定できます。

画像:縦画面・横画面ともに正方形の画像を指定し、Background Color = 黒、Fill Percentage = 80% とした例。

ImageAndBackgroundConstant

画像と背景色の組み合わせから起動画面を構築します。画像の大きさをポイント値で指定します。

CustomXib

Xcode (Interface Builder) を使って独自に作成した XIB ファイルを起動画面として適用します。

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

ログインしてコメントを残してください。
Powered by Zendesk