2017 年の新 iPhone (iPhone8/8Plus/X) への対応状況

松岡貴之 -

対象となるUnityのバージョン

この記事は、2017年10月時点でサポート中のバージョン、つまり

  • Unity5.5.x
  • Unity5.6.x
  • Unity2017.x

が対象となります。

Unity 5.4 およびそれ以前のバージョンは対象となりません。ご注意ください。

 

A11GPU上での影のちらつきの修正

この現象については、新しいバージョンの Unity で修正済みです。新 iPhone でのレンダリングの不具合を回避するために、以下のバージョンへのアップグレードを推奨します

  • Unity 5.5.5p1 (2017年10月の第2週にリリース予定) およびそれ以後のバージョン
  • Unity 5.6.4p1 およびそれ以後のバージョン (2017-10-05:バージョンが変更されました)
  • Unity 2017.1.2p1 およびそれ以後のバージョン (2017-10-05:バージョンが変更されました)

 

UnityEngine.iOS.DeviceGeneration への値の追加

enum UnityEngine.iOS.DeviceGeneration に対して、新 iPhone に対応した値の追加を行います。2017 年 10 月中旬にリリースされるパッチから使用可能になる予定です。

 

iPhone X のセーフエリア API の実装

Unity にセーフエリア API を追加して対応します。この API は、2017 年 10 月中~下旬にリリースされるパッチから使用可能になる予定です。

このパッチは iPhone X へのより完全なセーフエリア対応を行いたい方向けのものです。現状の Unity を用いた場合でも、 Xcode 9 より前のバージョンを用いてビルドを行った場合、 iPhone X では常にレターボックス表示されます。

(2017-10-04 追記) iPhone X 用のセーフエリア API のプラグイン版を下記の URL で公開しました。この API は前述の Unity の一部として実装される予定の API のプレビュー版となります。

https://bitbucket.org/p12tic/iossafeareasplugin/src

 

参照

 

履歴

  • 2017-10-05 : A11 GPU への対応バージョンを変更 (5.6.3p4→5.6.4p1, 2017.1.1p3→2017.1.2p1)
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

ログインしてコメントを残してください。
Powered by Zendesk