受託開発あるいは開発委託をする際には誰がアセットを購入すべきですか?

常名 隆司 -

 

日本時間の2020年2月3日18:00以降にご購入いただいたサイトライセンスアセットの場合

法人もしくは事業体がご利用いただく「企業グループ用ライセンス」(Multi Entity)を、発注者である委託元の事業者さまがご購入ください。

「企業グループ用ライセンス」(Multi Entity)を購入された法人または事業体、もしくは親会社、子会社、兄弟会社などからなる企業グループの従業員や、法人または事業体とプロジェクト単位で業務委託契約を結んで働く主体がアセットを共用利用できます。

なお、法人または事業体と単一のプロジェクトに制限せずに業務委託契約を結んで働く個人は共用利用できませんので、個別に「個人または単一企業用ライセンス」(Single Entity)をご購入ください。

また、プロジェクト単位で業務委託契約を結んで働く主体が保有する「企業グループ用ライセンス」のアセットを、業務委託契約相手である発注者と共用利用することはできません。この場合、発注者側の企業グループは当該アセットの「企業グループ向けライセンス」を購入する必要があります。

日本時間の2020年2月3日18:00よりも前にご購入いただいたサイトライセンスアセットの場合

以下のようにアセットの使用状況に応じてアセットをご購入ください。

・エディタ拡張以外のアセットの場合は、プロジェクトで使用されているアセットを御社と協力会社それぞれが必要数量ご購入ください。

シートライセンスアセットの場合

エディタ拡張アセットの場合は以下のようなパターンにより異なります。

・御社
– TypeA: ビルド済みデータの納品を受けるのみで手を加えずにリリースする
– TypeB: プロジェクトごと納品を受けて、ビルド作業のみを行い、リリースする
– TypeC: プロジェクトごと納品を受けて、プロジェクトに手を加えたりビルド作業を行い、リリースする

・協力会社
– Type1: プロジェクトの開発を行い、ビルドしてビルド済みデータのみを御社へ納品する
– Type2: プロジェクトの開発を行い御社へ納品する
※Type1とType2の結果は同じになりますので割愛します

・TypeA
御社;
エディタ拡張アセット: 購入不要
エディタ拡張以外のアセット: 購入不要
協力会社;
エディタ拡張アセット: エディタ拡張アセットを使用する人数分のライセンスを購入
エディタ拡張以外のアセット: 同一拠点内の同一法人につき各1つ購入

・TypeB
御社;
エディタ拡張アセット: ビルド作業を行う人数分のエディタ拡張アセットライセンスを購入
エディタ拡張以外のアセット:同一拠点内の同一法人につき各1つ購入
協力会社;
エディタ拡張アセット: エディタ拡張アセットを使用する人数分のライセンスを購入
エディタ拡張以外のアセット: 同一拠点内の同一法人につき各1つ購入

・TypeC
御社;
エディタ拡張アセット: プロジェクトに手を加えたりビルド作業を行う人数分のエディタ拡張アセットライセンスを購入
エディタ拡張以外のアセット: 同一拠点内の同一法人につき各1つ購入
協力会社;
エディタ拡張アセット: エディタ拡張アセットを使用する人数分のライセンスを購入
エディタ拡張以外のアセット: 同一拠点内の同一法人につき各1つ購入

なお、参考として2020年2月3日18:00以前までのアセットストア利用規約をPDFでこちらからご覧いただけるようにしております。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。
Powered by Zendesk